歯医者で歯を治そう!

外国に長く住んでいた人あるあるで、帰国したらやりたいこと、の上位に来るのが歯の治療だと思います。

帰国1週間前に銀歯が外れた…

中国でウサヘンは現地で働く日本人向けの保険に入っていましたが、歯の治療はカバーされていませんでした。

これは多分旅行障害者保険も同じかな?歯の治療は対象外だったと思います。

ウサヘンは2009年に上海に渡る前、身体の不調が予想される箇所は全部治した上できたのですが、やはり8年経過するとなにかあるもんです。

虫歯ではないんですが、奥歯にかぶせた銀歯の表面に穴があいてしまい、なんか痛いとかじゃないけどこれ放置はまずいだろう、みたいになったのが3ヶ月前。

その後、ちょうど帰国1週間前にデンタルフロスをしたらガコっという音がして銀歯が外れました。

インプラントが得意っぽい歯医者

びっくりしましたが、痛くないし、とりあえずまたもとの場所にかぶせたらはまったので、帰国したら歯医者にいこう、ということでいってきました。

どこにいけばいいのかまったく検討が付かないので、ネットで検索し、ネット経由で初診の予約ができるところにしました。

どうやらインプラントを得意にしているようで、ネットにもインプラントの情報がたくさんでした。

予約した時間に行くとウサヘン以外には一人が治療中でした。

まずレントゲンを取って、歯全体を先生が診察します。歯茎と歯の間の隙間(歯周ポケット?)の深さも確認し、歯周病についても確認してくれている様子。

治すべきところは2箇所

診察の結果、治すところが2箇所あるということがわかりました。

1箇所目:外れた銀歯

ここは問答無用で新しい銀歯を作る必要があります。

2箇所目:欠損している歯をブリッジしているところが外れている

ここもなんとなく舌で触って隙間があるな、と思っていたところなので、あまり意外ではないのですが、ブリッジが少しずれているので、治して隙間がないようにしないといけない、ということでした。

先生は保険治療と非保険治療があるということで説明を助手の方に任せました。

保険外治療を熱心に勧められた

助手の方はPCで保険治療と保険外治療の種類、メリット、デメリットを説明するためのアプリを立ち上げて保険外治療を勧めてきます。

2箇所目のブリッジしている部分については、新しくブリッジをやり直すと下の歯で見えるところの歯が銀歯になるため、保険外治療のセラミックの歯が良いという意見でした。

まあ、これは理解できました。

もう一箇所、奥歯の銀歯が外れた部分についてはこれまでも銀歯だったので銀歯でいいんですが、保険で治すと詰め物が唾液で溶けるものしか使えない等、保険外治療と比較して質が低い治療になる、ということなんですよね。

ちなみに最も安いセラミックの歯にして6万円だそうです。

これ、ホントなんでしょうか?保険内治療よりも保険外治療のほうが見た目がいいとかの付加価値がある、というのはわかるんですが、保険内治療だと後々問題がでるかもしれません、質の低い材料しか使えないので…という言い方でした。

なんとなく、勧めてくる感じがまっとうじゃない商品やサービスの勧誘に近い空気です。

なんか嫌なので全部保険内でやってください、とお願いしました。

奥歯は保険内で、その他はセカンドオピニオンを聞くよ

説明が終わると先生が来て治療開始前にこういいます。

”説明を聞いて保険内治療、保険外治療についてご理解いただけましたか?保険内治療で大丈夫ですか、本当にいいですか?

と聞いてくるので、大丈夫です。と答えて治療スタートです。

だいたい30分位で外れた銀歯の中の詰め物を削って清掃し、新しい銀歯の型を取って、とりあえずのかぶせものをして初日は終わりました。

 

腕は良さそうだけど、なんか不信感あり

今の歯医者はいちいち麻酔してくれるので全然痛くもなく、てきぱきと治療は進行しました。

以前は歯医者っていうとほんの少し何かやるとじゃあ次回は…ってなかなか進行しない印象でしたが、一気に銀歯を作るところまでやったので、あと一回で奥歯は終わりそうです。

ただ、なんとなく商売が全面に出ている感じが、いや。

保険治療って、質が悪いなんて言っていいんですかね?もしそうだとしたら、少なくともエビデンスはほしいところ。

助手の人のアプリを使った説明で金額も口頭で伝えられただけ、どの金額だとどんなメリットが、みたいな説明もなく最低6万円の買い物をさせようとする姿勢に誠実さを感じろっていうのはちょっと無理かな。

奥歯の治療が終わった段階でとりあえずこの歯科医での治療は終わりにしたいと思います。

お気に召したらシェアしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です