軽井沢までいって蕎麦を食べずに本格的な中華料理を食べる奴

味オンチの中国人と軽井沢へ

中国人との旅行は軽井沢へと続きます。というか3週間も前の話を今書くのも面倒臭いね。

簡単にいうとAIRBNBでロッジを借りて、2泊したっつーだけなんだけど。

軽井沢でなにをしたかっていうと買い物。2日間ほぼ丸々買い物

なぜそんなに買い物が好きなのか

中国人の爆買い、というのを手伝うとホントにめっちゃ買うのがわかる。

しかも、ホントかどうか相当微妙な情報を頼りに買うからね。説明するのも面倒臭いから言われた通りに商品を探しているけど。

軽井沢駅すぐそばのプリンスホテルグループがやっているアウトレットでほとんどの時間を過ごす。

せめて信州そばを食べたい、と思っていたら例の味オンチがいいました。

中華を食べよう

マジで?これで2回目なんだけど?なんでわざわざ日本に来て中華?軽井沢って知ってる?蕎麦って食べたことある?

もうヤケクソでアウトレット内のラーメン屋に。チャーシュー麺です。フツーの

夜は何を食べる?また中華!

まあ、そんなこんなで軽井沢の初日は買い物をしてからロッジへ行って、それから食事にしたんですが、周辺にはあまり選択の余地がない。

で、なににする?といったら、中華がいいって。

もう日本に来るんじゃねえよ!と言いたいほど。なぜ日本滞在移動も含めて6日間でそんなに中華ばっかり食べるのか。

仕方ないから入ってみたところ、ラーメン屋ではなくて結構ちゃんとした中華のメニュー。値段も安くはない。

来た料理を食べたところ、かなりちゃんとした味。その辺のラーメン屋が作るなんちゃって中華ではない。

たぶん中国人が作っている、と思い聞いてみたところ、和平飯店という上海の五つ星ホテルのシェフをやっていた人が作っている、とのこと。

特級厨師!って中華一番か!

ちなみに和平飯店とはこんなホテル。バリバリの観光地にある誰でも知ってる有名ホテルです。

そしたら味オンチがテンションがあがり、厨房の中に入っていってシェフと談笑。

特級厨師なんだって。今はないみたいだけど昔の中国の国家資格ね。料理人としては最上位。

シェフに現金を握らす味オンチ。テンションが下がらない味オンチはこう言います。

明日また来るから、メニューにない最高の料理を作ってくれ!

また明日も中華?確かにうまいけど、上海に帰ったらこのくらいの味は結構食べられるでしょうが。

というわけで翌日もアウトレットで買い物した後、もう一度同じ店で中華を食べる羽目に。

はりきったシェフはこんな感じで料理を作りました。

美味かったけど、量が多すぎ…

信州蕎麦、食べたかったな… というわけで味オンチ一家との旅行は終わり。彼らは翌日の飛行機で上海へ帰りました。

あー、ストレスが溜まった!

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

お気に召したらシェアしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です