上海で車を運転するっていうと日本人は必ず驚く件

ウサヘンは上海で車を運転します。日本人にいうとめっちゃ驚かれます。なぜ?

上海で運転するというのは危険な行為なのか?

上海では子供の学校の送り迎え、買い物、遊びなど様々な場面で車があると便利です。
ところが、上海にすんでいる日本人はほとんど運転しません。

会社から運転を禁じられているという会社も多いです。しかし、外国人ドライバーはかなりいます。

なぜ、日本人ドライバーが少ないのでしょうか?

そもそも、上海で運転することは驚かれるほどの危険な行為なんでしょうか?

上海は車がものすごく多く、運転マナーも荒いので、それが上海での運転=怖い、よく出来るね、ということにつながっていると思います。

でも、上海に来たばかりならともかく、しばらく住むと運転が荒いのはタクシーなどのプロのドライバーが多いことがわかります。

ウサヘンの場合、8年間毎日運転していましたが、事故は1回だけ。自分が無理をしてちょっと擦ってしまったという程度の軽い事故です。

日本と比較した場合、上海の運転マナーは雑かもしれませんが、上海には上海の暗黙の了解があり、それが日本と違うためにものすごくマナーの悪い運転、荒い運転に感じるというのが本当のところです。

アメリカで車を運転する、だったら驚かれないのでは?

運転を日常的にしているウサヘンからすると、なぜ驚かれるのは理解できません。

これがアメリカで車を運転している、だったら誰も驚かないのでは?アメリカで運転したこともありますが、結構皆ワイルドな運転してましたよ?

これは上海で運転=驚き アメリカで運転=普通、というあたりにヒントがあるように思います。

上海のタクシーで死にそうになった話は上海あるある

要するに、上海や中国を下に見た発言をしたいときにわかりやすいのが運転マナーで、タクシーの運転が荒いをことが話題にしやすい、ということなんでしょう。

ウサヘンも最初に上海でタクシーに乗ったときは死ぬかと思いました。でも、何年も住んでいて毎日タクシーやら社用車に乗っている人もまだそんなこといってるんですよ。

上海で運転する話を驚きをもって受け止めるという背景には日本人が中国を下に見ていることに端を発していると思っています。

郷にいっては郷に従…わない日本人

ものすごくざっくりいうと、日本の基準からずれていることを見下すか、憧れの目で見るかの2つのリアクションしかなく、中国に対しては見下しているのが日本の視点でしょう。

日系企業も駐在してくる日本人も、中国・上海に根を張るつもりはなく、一時的・暫定的に住むという前提で来ている。

だから、現地の生活水準に馴染む、揃えるとか考えず、日常の足まで会社で用意してあげるんでしょう。

日系企業がこういうポジションでいる限り、日系企業が中国で競争力を勝ち得るということはないと思っています。

例えていうなら、日系企業は上海で現地企業や欧米企業が荒っぽい現地の基準の運転に合わせて運転して目的地に素早く辿りつくのに、日系企業は現地基準に合わせようとしないから、先行されてしまうし、コスト高になっているっていうこと。

日本でやっていることは世界中どこでも全部できるよ。同じ道具なんだからさ。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

お気に召したらシェアしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です