ウサヘンの娘が上海からやってきた!日本の小学校に体験入学!

ウサヘンの娘は小学三年生!日本語出来ないけど小学校に通います!

このところ更新が滞ってしまっていましたが、ウサヘンの娘が日本に来ていて、色々時間がないんですよ。

娘は上海ローカルの小学校にかよっていて、国籍は日本だけど母国語が中国語、という状態。

中国は7月頭から夏休みになるため、夏休みまでの三週間を日本の小学校に体験入学という形で受入れしてもらうことにしました。

登校初日 顔が引きつっています

神奈川県内の某小学校に通うことになったウサヘン(娘)ですが、さすがに登校初日は超緊張。こっちも緊張して来たよ…

集団登校するのにウサヘンとウサヘン嫁もついていって、先生にまずご挨拶。その後、教室まで一緒に行きました。

1クラス28人(!)とウサヘンの頃は45人位いたんだけどな、と思いながら見ていると周りのクラスメイトは皆興味津津な様子。

ウサヘン娘ももじもじしているんですが、先生に同じクラスに中国人の男の子がいると言われ、ちょっと安心。

通訳とかしてくれるといいんだけど。

アフロヘアーのハーフの子もいた

小さい頃のマイケル・ジャクソンみたいなアフロヘアーのハーフの子もいたりして、中々国際的なクラスになっているみたいです。

学校で楽しくやれているかどうか心配して過ごしたんだけど、5時間目が終わって迎えにいったらとても楽しかった!という初日の感想。

中国人の男の子がわからないところを通訳してくれたりして助けてくれたり、皆で親切にしてくれているみたい。

こんなに自分の言葉が本格的に通じない環境で過ごすのは初めての経験なので、本人的にも結構な挑戦のはず。

最悪もう行きたくない、というようなことになったりするかな、と思っていたので安心しました。

たくさん勉強してたくさん友達ができればいいね。

お気に召したらシェアしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です